美容、かなり気になります。

美容に興味があります!!

レチノイン酸誘導体&レチノール誘導体をナノカプセル化☆油溶性ビタミンC誘導体6%配合 EGFと白金ナノコロイドαリポ酸もプラス贅沢ジェル状美容液毛穴や小じわ対策にトゥヴェール 楽天★アクアナノライズジェル
オススメ度
価格:3045 円(税込)
発送可能時期:在庫あり
EGF(整肌成分)配合。レチノール誘導体の機能をより多くの方に肌実感していただくために、細胞へ浸透しやすい「ナノカプセル」に封じ込め、さらに最新のレチノイン酸誘導体をプラスしました。また、油溶性ビタミンC誘導体(VCIP)を6%配合☆肌のキメを整えのある肌に導きます。さらにアスタキサンチンと白金ナノコロイド・αリポ酸も配合しました。FGF、IGF、TRXの3種類のヒトオリゴペプチドをプラスして、5GF(5種類のグロースファクター配合)タイプへリニューアル致しました。エッセンスセレクトゲルはヒトオリゴペプチドから活性部位を取り出したペプチドを配合しておりますが、アクアナノライズジェルはヒトと同じ化学構造のヒトオリゴペプチドにこだわりました。香りをエレガントなダマスクローズへ変更しました。 商品内容量アクアナノライズジェル2 40g全成分水、BG(多価アルコール、保湿剤)、グリセリン(多価アルコール、保湿剤)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(ビタミンC誘導体)、水添レシチン(レシチン、乳化剤)、ローズ水(芳香蒸留水、保湿剤)、PCA?Na(アミノ酸、保湿剤)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル(植物オイル、保湿剤)、ラウロイル乳酸Na(植物乳化剤)、トコフェロール(ビタミンE)、パルミチン酸レチノール(ビタミンA誘導体)、レシチン、ベタイン(アミノ酸、保湿剤)、セリン(アミノ酸、保湿剤)、フィトスフィンゴシン(セラミド前駆体)、ジパルミトイルヒドロキシプロリン(アミノ酸誘導体、コラーゲンの原料)、アラニン(アミノ酸、保湿剤)、リシン(アミノ酸、保湿剤)、アルギニン(アミノ酸、保湿剤)、スクワラン(オイル、エリモント剤)、トレオニン(アミノ酸、保湿剤)、プロリン(アミノ酸、保湿剤)、グリシン(アミノ酸、保湿剤)、グルタミン酸(アミノ酸、保湿剤)、セラミド1(セラミド、肌の保護)、セラミド3(セラミド、肌の保護)、セラミド6(セラミド、肌の保護)、ソルビトール(糖、保湿剤)、パンテノール(ビタミンB5 前駆体、肌の保護)、グリチルレチン酸ステアリル(肌荒れ防止)、アラントイン(肌荒れ防止)、カンゾウ根エキス(植物エキス、肌の保護)、トウモロコシエキス(植物エキス、キメ改善)、ダマスクバラエキス(植物エキス、キメ改善)、ミルシアリアデュビア果実エキス(植物エキス、キメ改善)、チャ葉エキス(植物エキス、肌の保護)、アスタキサンチン(肌の保護)、ダイズ油(植物油、保湿)、シソ葉エキス(植物エキス、肌の保護)、コレステロール(羊毛)、ピーナッツ油(植物油、保湿)、水酸化K(pH調整剤)、カルボマー(増粘剤)、キサンタンガム(増粘剤)、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー(増粘剤)、オレイン酸Na(乳化剤)、水酸化Na(pH調整剤)、レチノイン酸トコフェリル(レチノイン酸誘導体)、チオクト酸(αリポ酸、肌の保護)、パルミトイルトリペプチド?5(ペプチド、整肌)、ヒトオリゴペプチド-4(チオレドキシン、整肌)、ヒトオリゴペプチド-2(IGF、整肌)、ヒトオリゴペプチド-13(FGF、整肌)、ヒトオリゴペプチド-1(EGF、肌の保護)、白金(保湿)、EDTA(キレート剤)、ポリソルベート80(乳化剤)、フェノキシエタノール(防腐剤)、メチルパラベン(防腐剤)、プロピルパラベン(防腐剤)※多価アルコール:エタノールと違って揮発せず、空気中からは水分を集めて肌に与えるアルコールの一種です。肌の水分量を増やします。使用目安未開封 / 9ヶ月   開封後 / 100日備考本商品は食べものではありません。 広告文責 株式会社 トゥヴェール TEL. 0120-930-704 メーカー名 株式会社 シュア 区分 日本製・化粧品.td-left8 {font-size: 12px;line-height: 18px;padding-left: 8px;}.px14-20 {font-size: 14px;line-height: 20px; color: #333333;}レチノール誘導体をより多くの方に肌実感していただくために工夫しました。角質層へ浸透しやすい「ナノカプセル」に封じ込め、レチノイン酸誘導体をプラスしました。また、油溶性ビタミンC誘導体*(VCIP)を6%配合し、肌のキメを整え、ハリのある肌へ導きます。話題のアスタキサンチン、αリポ酸、白金ナノコロイドをたっぷり配合しました。*:製品の抗酸化剤として 「ナノカプセル力」ナノカプセル化によるレチノール誘導体のチカラと角質層への浸透性。肌年齢が気になりだしたら、定番の美容成分であるレチノール。この名高いレチノールをより多くの方に肌実感してもらうためにはどのような化粧品を設計すればよいのか。肌に様々なお悩みをもつモニターの方々に協力していただき、モニターテストを繰り返し検証した結果、ナノカプセルという方向性を見出しました。大豆から抽出したレシチンでEGF及びレチノール誘導体をナノサイズ1の超微粒子カプセルに封じこめました。ナノカプセル化することで、角質層のすみずみまで長時間滞留し、肌へレチノールを供給します。その結果、肌のキメを整え、ハリのある肌へと導いていきます。ナノサイズ:ナノは10億分の1メートルのことで、1千万?1億分の1メートルサイズのカプセルを配合しています「レチノール誘導体」レチノール誘導体(整肌成分)は肌にハリを与える成分として、有名な美容成分。体に必要なビタミンであり、しっかりなじんで、肌の水分をふやし、柔軟に保つことで、健やかな肌へ導いていきます。 「レチノイン酸誘導体」ビタミンEとレチノイン酸をくっつけることで、レチノイン酸の持つ欠点を改良しました。レチノール同様にレチノイン酸誘導体(整肌成分)も肌にハリを与え、肌を整えていきます。ハリが弱い肌のためにレチノール誘導体とレチノイン酸誘導体の2種類を配合しました。「グラブリジン配合」ハイドロキノンよりパワーが強いグラブリジンを濃縮したエキスであるカンゾウ根エキス(湿潤成分)を配合。さらに豊かな芳香のローズエキスを配合しています。「ハリを取り戻すために」レチノール及びレチノイン酸誘導体にパルミトイルトリペプチド?5(ペプチド、整肌成分)、ジパルミトイルヒドロキシプロリンがハリのある肌へとサポートします。 パルミトイルトリペプチド?5:角質層への浸透性を上げるため、低分子化したたんぱく質です。肌のキメ、ハリを与えるようサポートします。 ジパルミトイルヒドロキシプロリン:コラーゲンの原料となるヒドロキシプロリン(アミノ酸誘導体)を油に溶けるように改良し、角質層への浸透性を高めました。「油溶性ビタミンC誘導体  6%配合」油溶性ビタミンC誘導体を6%配合しました。肌本来の透明感、肌のキメアップへのアプローチ力を強化。「肌の保湿力のアップ」保湿のキー成分となるセラミドは、セラミドの中でも高価でバリアのキーとなるラメラ液晶を安定化するセラミド1、保水に働きかけるセラミド3と6、そして、セラミドの原料となるフィトスフィンゴシンを配合して、荒れがちな肌を保護します。また、新たに保水型アミノ酸(セリン、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、グリシン、グルタミン酸)をたくさん配合して保湿を強化しました。「パワーに満ち溢れる成分」ビタミンEの1000倍のパワーを持つアスタキサチン、水にも油にも溶解するαリポ酸、保湿効果もある白金ナノコロイド。この3種類の美容成分を贅沢に配合しました。(白金ナノコロイドは角質層へ浸透せず肌表面に留まります)「5GF配合」EGFは、肌の調子を整えることを促すたんぱく質。加齢と共に減少していきます。EGFが角質層の奥まで届くよう、大豆レシチンでEGFをカプセル化しました。年齢を重ねた肌にキメを整え、ハリを与えるよう働きかけていきます。また、EGF以外にもチオレドキシン、IGF、FGFも配合。加齢と共に減る「ヒト型オリゴペプチド」を補います。 洗顔後、パール粒約1個分を清潔な手にとり、顔全体になじませてください。刺激を感じた場合はパール粒半分を週1?2回夜のみご使用ください。 清潔な手にパール粒1つとり、指で軽く肌になじませるように使ってください。 刺激を感じた場合はパール粒半分を週1?2回夜のみご使用し、レチノールに肌を徐々に慣らしてください。 また、夜にアクアナノライズジェルを塗られた後、その上からサランラップでお顔を覆い、15分程度パックした後、お湯で軽く洗顔して頂いても効果を感じていただけます。 配合成分についての弊社の考え方私どもではアクアナノライズジェルの配合を組み立てるのにあたり、重要視したのは、肌への配慮と肌実感をいかに引き出すかという点です。開発には、安全性試験への十分な予算確保を行っている化粧品メーカーに開発・製造依頼を行っております。20年以上の化粧品開発の経験をもつベテラン技術者が開発を担当し、肌への配慮と肌実感を両立するために数多くの美容成分から選りすぐり、お使いいただく方の肌のことを十分に考えて、各種文献はもとより、自社での安全試験のデーターもフル活用して、末永くご愛用いただける商品に仕上げております。 安全性試験への予算確保:弊社では安全性試験を自社で行って、データーを常に蓄積することに意欲的な企業へ開発依頼を行っております。化粧品の安全性は、○○成分を配合しないとか単純なもので確保できるものではなく、経皮吸収や細胞毒性など数多くの安全データーから導きだされるものと考えております。ただ、そのためにはある程度の企業規模と経営者による安全性確保への認識がなければ、データーの蓄積には十分な予算確保が出来ません。なお、弊社でもボランティアの方々に依頼してパッチテストを実施したり、人工皮膚(3次元培養皮膚モデル)を使用して安全性データーの収集に努めており、安全性に配慮した化粧品のご提供を心がけております。 >>詳細を見る